赤ちゃんの室内での安全対策|アイデア集

子どもがもうすぐ5ヶ月になります。
ハイハイなどができるようになる前に、部屋の中の安全対策をしようと思うのですが、みなさんはどの場所に、どんな対策をされているのでしょうか?理由や体験などもあれば教えてください。

≪みんなのアイデア≫

  • 私は、台所の引き戸を軽く引くと開くタイプだったので、子ども用品店などで売られている後付け式のストッパーを取り付けました。間違って頭をぶつける心配がなく、その後つかまり立ちする頃も安心だったと思います。
    体験談として、CDコンポを床に置いてたら、気が付かないうちに触っていたらしく、取り出しボタンが壊れてました!Σ( ̄□ ̄;)皆さま、電化製品は直に触らせない工夫をされると良いかと思います。(はるママ さん)
     
  • 我が家では、角という角すべてにガードをつけ、扉という扉すべてにロックをつけました。角をガードするものは、梱包用のクッション材でもいいと思います。中の物を出してほしくない扉や引き出しには、簡単には開かないようにするものをつけて、出入り口のドアは指を挟まないようにするものをつけました。はいはいや伝い歩きができるようになると、お母さんを追いかけてトイレにもついてきます。完全に閉めてしまうと、扉の向こうで扉に寄りかかって泣いていて、開けると後ろに倒れてしまうため、開けられないことがありました。どうぞ気をつけてくださいね!(みーちゃん さん)
     
  • うちではテーブルクロスをやめました。上から物が落ちてくるのが怖いので、テーブルの端に物を置かないようにも気をつけました。つかまり立ちできるようになると、あちこちに寄りかかって、扇風機を押し倒したこともあります。当たり前かも知れませんが、扇風機の隙間に指が入ると危ないのでカバーをつけました。冬はうちではエアコンですが、実家ではファンヒーターなので、柵でカバーをしていました。(kanchan さん)
     
  • キッチンが一番危険だなと思ったので、そちらに来られないように柵を取り付けました。キッチンの扉に包丁を収納していましたが、万が一のことがあってはいけないと思って、置き場所をキッチンの上に変えました。(なっちゃん さん)
     
  • やはり鉄板となりますが、サークルで囲いを作ってその中で自由にさせてあげることでしょう。(仁 さん)
     
  • とても活発な子なので、あっという間にハイハイから伝い歩きになり、その後すぐに階段を登れるようになっていました。最初は、登れるけど降りられなかったり、途中で振り向いてバランスを崩したりするので、ひやひやでした。なるべく危ない危ないではなく、自由に体を動かせるようにしたいと思っていましたが、大事故になってはいけないので、階段の方へは行けないように柵を取り付けました。ただ、とても楽しそうに登るので、親がそばについて見ていられる時は、好きなように登らせていましたよ。(ピーマン さん)
     
  • 小さい時って、何でも口に入れますよね。下の子が生まれた時、上の子の消しゴムを握りしめて舐めていてドッキリしました。カバンもひっくり返して中の物を触るので、特にご家族が多い方は要注です!なので、家族には床に物を置かないようにと言い、壁にカバンなどを引っ掛けられるフックをつけました。(つー さん)
     
  • お座りできるようになった頃、後ろにひっくり返って頭を打つことが何度かあったので、機嫌よく座って一人遊びをしているときは、クッションを周りに並べていました。顔が埋まって息ができなくなると危険もあるので、子どもの様子が見えているときだけですが。やはりどんなに対策をしていても目を離すのは危険なので、この時期は大変ですよね。(山ちゃん さん)